MENU

ナチュラルピーリング法の弱点は?

仙台 包茎手術 ナチュラルピーリング

 

包茎の手術は、まず、皮の一部を切り取り、陰茎を覆っている皮を短くするものが主流です。

 

が、ただでもだれしも血など見たくないもの。しかもそれが男性にとっては特別なところであれば、なおさらでしょう。

 

そういった声にこたえて、なんとか切らなくていい方法もいくつか開発されています。

 

それらの中では最も一般的なのが、「ナチュラルピーリング法」でしょう。ただし、全く皮に外科的な処置をしないというわけでありません。

 

皮を根元にグッと寄せて、亀頭をむき出しにします。その位置で亀頭の傘状になった部分のすぐ下に皮を縫い付けるのです。

 

使う糸は二重まぶたの処置でも使われ、美容外科ではおなじみのものです。しばらくたてば体内で溶けるので、抜糸の必要もありません。

 

しばらくこの状態を続ければ、皮に癖がつき、その位置で固定、亀頭も出たままになる……という手法です。

 

糸を皮膚に通すだけですから、手術といっても最小限のものです。もし、途中で嫌になれば、糸を抜くだけで済みます。費用が安い、体への負担が少ない、という長所があります。

 

が、この手順から分かるように、真性包茎やカントン包茎には使えません。引っ張っても亀頭がちゃんと出せないのが、これらの包茎だからです。

 

また、癖が付かずに、糸がなくなれば元に戻ってしまうこともあります。仮性包茎であっても、皮の余り方が大きいとやはり効果は期待できないようです。

 

これに似た方法に、固定法があります。こちらは皮を引っ張った状態で保持するため、糸の代わりに接着剤を使います。

 

 

切らない手術もOK! 仙台の包茎手術のおすすめクリニック