MENU

包茎や包茎手術について

仙台 包茎手術クリニック

 

「日本人男性の三分の二が包茎」「全体の七割」……これでビジネスチャンスにつながるような人たちが、都合のいい情報を流していると考えていいでしょう。

 

『標準外科学 第11版』(医学書院)では、真性包茎は「十五歳男子の8.6パーセント」としています。当然これ以外に仮性包茎もいます。

 

仮性包茎に関しては、医学会からのきちんとしたデータがないのは、疾病扱いされていないからでしょう。仮性包茎の治療は健康保険の適応範囲にさえ入っていないのです。

 

おそらくはこの方向が変わり、厚労省あたりがきちんとした統計でも出さない限り、「そんなにいない」「もっといる」と騒ぎ立てる人は絶えないでしょう。

 

が、この「8.6パーセント」だけでも、「身近にいる多くの人が悩んでいる」といった表現は許されるでしょう。

 

ひとくちに包茎といっても、あと「カントン包茎」もあり、全部で三種類ということになります。

 

深刻なのは真性包茎とカントン包茎です。亀頭部が常に覆われています。手で亀頭を露出させようにも容易ではありません。

 

ただでも衛生が保ちにくい場所なのに、手入れをすることもままならないのです。

 

もう一方の仮性包茎も「手で皮をむこうと思えばむけるし、勃起(ぼっき)したときは亀頭が露出するから問題はない」ということでもないのです。当人には大きなコンプレックスになっていることが少なくありません。

 

このように男性にとっては普遍的な悩みであるにもかかわらず、性的な関心とも直結していますので、おおっぴらに語られることはめったにありません。ですから、情報が必要な人は自分から探し求めなければ手に入らないのです。

 

 

仙台の包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら